派遣労働者 契約社員 違い

派遣労働者と契約社員の違い

派遣労働者と契約社員。どちらも正社員に比べると自由度が高い雇用形態ですね。ところで派遣労働者と契約社員にはどんな違いがあるんでしょうか?

まず、派遣労働者は派遣会社と契約して、派遣会社から別の会社に派遣されますが、契約社員は、自分が働きたい企業と直接契約するという違いがあります。契約期間の上限はどちらも3年ですが、契約社員には、特例があって5年になる場合もあります。

給料は、派遣社員は派遣会社から受け取って、契約社員は働いている会社から受け取ります。給料の額は、派遣社員は契約社員より安定しないというリスクがあるのでその分時給が高いようですね。ただ、派遣社員には賞与やボーナスはありませんが、契約社員は、会社にもよりますが、貰えるところもあります。

ビジネスマン

昇給も交渉は、派遣社員なら派遣元が契約更新の際などの時に派遣先と時給について交渉してくれることもありますが、契約社員の場合は自分で直接、会社と交渉する必要があります。

こう比べてみると、賞与やボーナスはあるなら、契約社員として働いたほうが安定しているしいいかなという感じですね。ただ、契約社員だと派遣社員よりも高い専門技術が求められることも多いようなので、ちょっとハードルが高いかも知れません。

いずれも正社員と比べると条件はよくないですが、自分の専門知識を活かせたり、しばりがないのが良い点ですね。お金が必要になったときでも収入があればフリーローンなどを利用することもできるみたいですよ。

銀行カードローンなら専業主婦でも申し込めるみたいです。便利な時代になりましたね。

即日融資OK!専業主婦でも内緒で借りれるカードローンはコレ