派遣労働者 メリット デメリット

派遣労働者のメリットとデメリット

働き方を自由に選べるとしたら、やはり正社員がいいという方もいれば、派遣労働者がいいという方もいるかもしれません。

派遣労働者として働くメリットは、自分の専門の知識や技術を生かせて、仕事の範囲や責任も明確になっているということですね。また、働く時間も選べますし、日曜出勤や残業をしなくても済みます。正社員のように会社の人間関係に煩わされずに済むというメリットもありますね。

でも、いいことばかりではありません。派遣労働者として働くデメリットもあります。デメリットとして挙げられるのは、契約期間が限られているので長期的な計画は立てにくい、福利厚生が不十分、技能が向上してもあまり評価されないなどです。

家族を養っていく立場にいながら正社員として働けず、派遣労働者として働くのは不安がありますね。でも、独身で、収入よりも自由度が高いほうが優先、という方なら派遣労働者として働くメリットは大きいと言えるでしょうね。
実際僕は独身で長年派遣社員として働いて来ました。派遣を選んだのは定時で上がれるからという理由です。僕はゲームが大好きで、仕事が終わるとゲームに没頭しています。あまりに好きすぎて会社を早退してゲームの新商品を買いに行くといった生活をしていたこともありました。あまりに早退ばかりしたためクビになるところでしたが。
派遣社員は自分の自由な時間が増えますが、金銭的に厳しいのが現実です。一人暮らしで家賃が払えなくてキャッシングすることも日常茶飯事。このサイト→【事例あり】専業主婦カードローン※内緒でお金借りる方法とは? (http://www.calmuseums.info/)をみると専業主婦でも借りれるということなので、一応収入のある僕なら大丈夫かと調子にのって先月2回も借りてしまいました。/p>