労働者派遣法

派遣労働者のための労働者派遣法について

女性私は以前に、派遣会社に登録していて、数週間だけの仕事をしたことがありましたが、現在では派遣労働者は30日以下では原則働けないそうですね。これは、労働者派遣法に決められていることだそうです。

労働者派遣法というのは派遣労働者を保護するための法律なのですが、平成24年10月1日に改正されています。改正後は、派遣会社のマージン率や教育訓練に関する取り組み状況などがインターネットでわかるようになりました。これにより働く側はより適切な派遣会社を選択できるようになったわけですね。また、派遣会社は、労働契約締結前に、雇用された場合の賃金の見込み額や待遇、派遣会社の事業運営に関すること 、労働者派遣制度の概要 の説明をすることが義務化されました。

その他の決まりとしては、派遣労働者は希望により、有期雇用から期間の定めのない雇用への転換ができるとか、離職後1年以内に派遣労働者として元の勤務先に派遣してはいけない、派遣会社がそのグループ企業に派遣する割合は全体の8割以下に制限されるなどいろいろあります。

ところがこの労働者派遣法については知らない人がとても多いそうです。なので、知らずに悪条件で働かされている場合もあるようですよ。なので、派遣労働者として働きたい方は、まず、厚生労働省のサイトで労働者派遣法について確認してみてください。