派遣労働者 種類

派遣労働者の種類

派遣労働者といっても、その中には、3種類あって一つは一般労働者派遣、もう一つは特定労働者派遣、それから紹介予定派遣です。

一般労働者派遣は、労働者と派遣会社との間に雇用関係があります。この雇用関係は派遣先での就業期間のみです。一般労働者労働者は、就業時間や働く曜日など、自分のライフスタイルに合わせて自由に仕事を選べます。退職も基本的に自由にできます。

特定労働者派遣というのは、やはり派遣会社との間に雇用関係があるのですが、派遣会社の正社員として派遣されるという点が一般労働者派遣と違います。ですから、派遣先への勤務期間でなくても、派遣会社との雇用関係にあります。職種としては、WEB系エンジニア、ネットワークエンジニアなど高度な技術を要求されるものが多いです。その分派遣元の教育も充実しているので、労働者はスキルアップができます。

紹介予定派遣というのは労働者が派遣先企業に入社することを前提に、6カ月以内の期間を派遣社員として勤務するというものです。派遣期間中や契約が満了した時に、派遣先の社員として雇用してもらうことができます。企業にとっては労働者の仕事ぶりを見てから、正式に採用するかどうかを決められますし、働くほうとしても、働きながら自分の能力をアピールでき、働いてみた結果で入社するかどうかを選ぶことができるというメリットがあります。

最近では派遣社員でもローンを組めるみたいです。主婦でも収入があればお金を借りれるそうなので便利ですね。

派遣社員でもお金借りれる※即日審査&振込み可能なカードローン特集